bar

M.I.M技術を用いた世界初の純チタン製マウスピース!

先端の金属加工技術 M.I.M ―――――――――――――――――――

「ピュア・チタン」は、先端の金属加工技術である「メタル・インジェクション・モールディング(金属射出成型、通称M.I.M)」を応用した世界初の金管楽器用マウスピースです。この新技術の導入により、チタンマウスピースとして従来品の約半額にまで価格を抑えることができました。また、M.I.Mの過程で高温焼結し完成される高密度純チタンと、「グルーヴ加工」に代表されるベストブラス独自の音響設計により、豊かで充実した音色を実現。音がギラつきがちだった従来のチタン製マウスピースの問題点をも解決しました。

アレルギー対策、お子様にも安心 ―――――――――――――――――

「ピュア・チタン」は、これまで金属アレルギーに長く悩んでこられた多くの管楽器奏者の方々にとって、必携のアイテムと言えるでしょう。純チタンは、アレルギーが最も起きにくい金属として知られており、その為、歯科インプラント、心臓弁、人工関節といった医療分野で多くの使用実績があります。また、小さなお子様でも安心して楽器を始められます。近年急増する「ママさんブラス」でご活躍のお母様方が、お子様と共に管楽器やその音楽に親しむ一つのきっかけになるのではと期待しています。

チタンとは?

bar

こんな方にもオススメです!

楽器を始めたばかりという方!

金管楽器を始めるならば、マウスピースだけは自分にあった、本当に良いものを選びましょう。楽器はある程度のもので始め、徐々にステップアップしていくのが一つの楽しみと言えます。しかし、マウスピースの場合、最初の選択が演奏家としての一生を左右しかねないと言っても言い過ぎではないでしょう。
ピュア・チタンには、Λとβという2種類をラインナップしましたが、どちらのモデルもプロや音大生にも好評のグルーヴシリーズ「TP-5C」という品番をベースに設計されています。これは、プレーヤー/ジャンルに関係なく最も幅広く対応できるスタンダードなモデルです。始めから極端に大きいモデルや小さいモデルを使用することは、上達の妨げになりかねません。ピュア・チタンならば、迷うことはありません。

「音がラッパらしくない」と言われてしまう方!

数ある楽器の中でも、金管楽器はとても素直。その音色は、演奏家の頭の中で鳴っている「音のイメージ」だと言える程です。しかし逆に言えば、その「音のイメージ」が頭の中になければ、自分が演奏している音色が良いのか悪いのか分からない…ということに。自分の演奏に対して、「パワーが足りない」とか、「もっとパリン!としたイメージ」、との助言を頂くけれど、実はどこが違うのかサッパリ!という方にも、ピュア・チタンは素晴らしい効果を発揮します。試しに、今使用しているマウスピースとピュア・チタンを吹き比べて、感想を聞いてみて下さい。十中八九、ピュア・チタンで吹いた方がラッパらしい音だと言われるはずです。そして、再度自分で2本を吹き比べてみて下さい。 その差が感じ取れたならば、自分の中に「良い音のイメージ」が芽生えたということです。音色で悩んでいる方には、音のイメージを掴むことが上達への近道です。ピュア・チタンが、そのきっかけ作りをお手伝いします。

bar

グルーヴシリーズに基づく、確かな音響設計

ベストブラスのマウスピースは、独自の音響設計技術を基に、細部にまでこだわって製作されています。M.I.Mという新しい技術だけではなく、伝統的な音響技術と融合することで初めて、優れた音具が誕生します。

リム

グルーヴマウスピースでも採用している、「リム頂点バランス43%」という口当たりの良いリムです。口当たりが良いだけでなく、明確なバイトを持つためミストーンが少なくなり、容易なリップコントロールとクリアな音の立ち上がりが実感できます。
ベストブラスでは、グルーヴシリーズからの持ち替えはもちろん、コルネットやフリューゲルホルンでも、リム不適合の心配がありません。

テクスチャーカップ

ピュア・チタンのカップにも、「テクスチャー」と呼ぶ独特の肌目が見られます。 緻密な音響設計の基に精密に削り出された形状を研磨で崩すことなく保ち、音響的に最良の状態にしてあるのです。チタン用に新たに開発した特殊加工法で、グルーヴシリーズと同等の美しい仕上がりを実現しました。

スロート

ピュア・チタンのスロートサイズはグルーヴシリーズに比べやや小さく、標準的なサイズです。楽器を始めたばかりの方や女性の演奏家にも安心して使用して頂けるサイズのスロートに、「グルーヴ加工」を施しました。
一般的なサイズであることから、グルーヴの「唇を楽に振動させる」効果は、グルーヴシリーズよりも体感し易いと言えるかもしれません。

バックボア

ピュア・チタンは、TP-Mというバック・ボアを採用しました。
CカップとTP-Mの組み合わせは、グルーヴシリーズでの実績もあり、音域から高音域に渡る正確な音程と音程バランスを実感頂けます。

外形形状と重量

ピュア・チタンの2品番:Λとβ。その大きな違いは、外形形状の違いです。Λ(ラムダ)は、グルーヴシリーズのトランペット用マウスピースをベースにしたデザイン、そして、β(ベータ)は伝統的なスタイルを踏襲した意匠を採用しました。
重量的には、Λ(ラムダ)が一般の真鍮製よりやや軽い程度、β(ベータ)は約半分程度になります。違いは、是非店頭で試奏してみて下さい。

表面処理

ピュア・チタンは、カップのテクスチャー部を除きバフ仕上げになります。丁寧に一つずつ磨かれたマウスピースは、一見するとプラチナメッキのような高級感ある輝きを放ちます。真鍮の場合、バフ上がりでは手で触った部分からすぐに跡になってしまいますが、ピュア・チタンにその心配はありません。これは、チタンの表面が空気に触れることで一瞬に酸化し、とても安定した物質である酸化チタンの膜が形成されている為です。手で触っても跡は残らず、柔らかい布で拭きあげるだけで、元の輝きを取り戻します。

bar

モデル詳細情報

トランペット-5C タイプΛ(ラムダ)

グルーヴマウスピースのトランペットモデルと同じスタイルを採用したΛは、芯の太い豊かなサウンドを求める本格派プレーヤに好適。アレルギーの問題により真鍮製のマウスピースが使えなかった方だけでなく、真鍮とはひとあじ違った音色を求める方や、自分のソロにアクセントを付けたいとお考えの方にも絶好のスパイスとなるでしょう。

価格
15,000円(税抜)
スペック
リム内径 16.55 バイト 普通
頂点径 21.593 カップ深さ 中庸
外径 28.196 形状 U
5.823 スロート 3.66
頂点
バランス
43% バックボア TP-M
形状 平ら 他社対応 Bach 5C
bar
トランペット-5C タイプβ(ベータ)

伝統的なスタイルを採用したβは、アレルギーの問題で自由にトランペットが吹けない方にはもちろんのこと、これから楽器を始める初心者にも最適です。
華やかな音色が特徴のこのモデルは、初心者でもすぐにトランペットらしい音色を出すことが出来るので、音のイメージを育てることが出来ます。
また、安心感のあるデザインなので、ベストブラスのマウスピースに手を出しにくかったという方や学生にも気軽に使用していただけることでしょう。

価格
15,000円(税抜)
スペック
リム内径 16.55 バイト 普通
頂点径 21.593 カップ深さ 中庸
外径 28.196 形状 U
5.823 スロート 3.66
頂点
バランス
43% バックボア TP-M
形状 平ら 他社対応 Bach 5C
vbar_auto
旧品番紹介
パワーピースpower piece mouthpiece

近代的なデザインで素晴らしい遠達性を発揮するハイパワーマウスピースラインナップ!その外観からも想像できるパワフルでスムーズな吹奏感が特長です。

シグナチャーマウスピース

日本が誇る名手とベストブラスとのコラボレーション!憧れのプレーヤに近づく近道の一つです。

↑このページの上部へ